Blog

ブログを書き続けるモチベーションを上げる3つの方法【実体験あり】

こんにちは、ほえるん(@Whalenlen)です。

 

ほえるん
ほえるん
ブログを始めて1ヶ月経過したけど、PV数や収益も増えないしブログを書くモチベーションが上がりません。何か打開策はありますか?

 

▼本記事はそんな悩みを解決します。

  • ブログを書くモチベーションを上げる方法
  • モチベーションがなくてもブログを書き続けられる方法
  • ブログを書くことに疲れたら一旦休むのもあり

 

本格的にブログを運営し始めて8ヶ月になりますが、モチベーションが上がらずにダラダラと記事を更新してしまうことが多々ありました。

 

ほえるん
ほえるん
3ヶ月目で一度挫折を味わい、ブログから一旦離れた時期がありました。

 

ブログを書くモチベーションが上がらない悩みは、初心者の誰もが抱える最大の悩みの一つですね。

 

そこで、本記事ではブログのモチベーションを上げる方法と、ブログを書く続ける方法について体験談をもとに解説します。

 

上記悩みを持たれる方は、お時間のあるときにご覧ください♪

 

ブログを書くモチベーションを上げる方法

 

実は、ブログを書くこと自体にモチベーションは必要ありません。

 

ほえるん
ほえるん
ええ〜なにそれ?詐欺〜!?

 

そう思われるかもしれませんが、こちらは事実なのです。

 

ブログ記事を書くことにモチベーションは必要ない

 

理由は、モチベーションはブログを書き続けることで上がってくるからです

例えば、「今日はモチベーションが沸かないから、会社を休もう」という選択には至りませんよね?

 

大勢の方は多少だるくても、熱があっても出社します。

つまり何が言いたいかというと、「習慣化」することが大事ということです。

 

ブログは書き続けることで、歯磨きと同様にやらなかったら逆に違和感を感じてしまうまでに落とし込むことができると、習慣化されモチベーションを保つことができます。

 

脳科学研究所の松元 健二教授によると、

 

「やる気=人間の動機づけ」には、取り組むこと自体が目標の「内発的」なものと、報酬(賞金・ご褒美・名誉)を得ることが目標となる「外発的」なものがあります。

やる気の正体(要素)は、

  • やれると信じられる
  • 自分で自由に選択できる
  • やり方をわかっている
  • すぐできる(邪魔をする障害がない)

ということになります。

出典:「やる気が出ない」「続かない」は科学的にウソ。行動力を爆上げする5つのルール

 

”自分はその行動をやれるという信念”を「やれる気」と表現しています。

 

やる気が出るから記事を書くのではなく、その行動をやれるという信念、つまり「記事を書く→やる気が出る」という順番になります。

 

モチベーションを上げるなら記事を書き続けよう

 

「内発的な動機づけ」の話になりますが、本記事の結論です。

「モチベーションを上げたいなら記事を書き続ける」ということです。

 

著名な論文を書かれている、脳科学者が論じているので、信じて書き続けてみましょう。

 

後ほど、モチベーションがなくてもブログ記事を書き続ける方法についてご紹介します。

 

更新した記事をSNSやオンラインサロンで投稿し交流しよう

 

「外発的な動機づけ」では、他者から称賛されることで、モチベーションのアップを期待することができます。

 

Twitterでブログ記事を投稿し、「いいね」や「リプライ」「リツイート」などの反応を貰えることでモチベーションが上がるので、おすすめです。

 

しかし、毎回反応を貰えるわけでもなく、再現性に欠けるので注意しましょう。

 

【追記】SNSよりもオンラインサロンの方が、コメントを貰いやすく再現性も高いですよ。

>>【評判レビュー】ABCオンラインに入会した感想【会費の元を取る〜1万円稼ぐまで】

>>【ABCオンライン】運営者のヒトデさんに直撃インタビューしてあれこれ聞いてみた!

 

使えるコンテンツをうまく利用しながら、継続しましょう。

 

モチベーションがなくてもブログを書き続ける方法3つ

 

やる気を出すには、「内的動機づけ」と「外的動機づけ」があることを紹介しました。

 

「外的動機づけ」は、あくまで他者からの反応をもらうことなので、自分ではコントロールできません。

 

そこで本章では、自分でコントロールできる「内的動機づけ」の具体的な解決策について紹介します。

 

  • あらかじめブログ更新の予定をつくる
  • 好きなことや興味のあるテーマで記事を書くこと
  • 過去の自分をペルソナに設定し記事を書く

 

1つずつ解説します。

 

あらかじめブログ更新の予定をつくる

 

ブログを更新できないのは、納期が決まっていないことが一番の要因です。

 

例えば、今月は10本記事を更新したいと考えたら、月初にカレンダーに更新日を入れ込みます。

 

 

更新日が決まることで、記事を書く前の準備の予定も立てやすいです。

  • キーワード選定:30分
  • 競合分析:30分
  • 記事構成:1時間
  • ライティング:3〜4時間

 

上記だと、5〜6時間かかる想定です。

 

本業で会社員をされている方は、副業に当てる時間は一日2〜3時間かと思います。

 

ほえるん
ほえるん
2〜3日に1記事公開できるイメージですね!

 

推敲などの時間も考慮し、余裕をもって記事を公開しましょう。

 

好きなことや興味のあるテーマで記事を書くこと

 

ブログで「稼ぐこと」を目的とする人に多いのですが、「興味のないテーマで記事を書き続けること」はモチベーションの低下を招きます。

 

好きでもないことで記事を書き続けるのは、正直苦行です。

 

では、自分が好きだと思える分野とは?

「時間を忘れて没頭できること」だと思います。

 

例)映画が好きで、気づいたら月10本くらい見てました!って人は、「おすすめ映画10選」などのテーマだとスラスラと記事を書き続けられると思います。

 

現在やっているジャンルやテーマが自分に適しているか再確認しましょう。

 

過去の自分をペルソナに設定し記事を書く

 

過去の自分を想定し記事を書きましょう。

 

過去の自分に向けて記事を書く理由は、当時の悩みに共感しつつ解決策を提示できるからです。

 

例)現在TOEIC平均700点〜800点だった場合、勉強し始めのころ(TOEIC400点)の自分に向けて、点数アップさせた秘訣などを記事にできます。

 

上記のような手順で記事を書くと、

  • 読者の悩みがわかる
  • 解決策を具体例を交えて書ける
  • 同じ悩みを持つ人を救うことができる

といったメリットがあります。

 

過去の自分と同様の悩みを持つ人はいっぱいいるはずです。

過去の自分を想定読者に設定し、悩み解決法を記事にしていきましょう。

 

ブログ作業に疲れたら一旦休む選択もあり

 

ほえるん
ほえるん
そんなこと言ってもやる気が起きません!

 

上記のような悩みをもたれることは、全然異常ではありません。

 

私も実際に、3ヶ月目に一旦ブログから離れました。

 

 

そういう時は、一旦休んでも構いません

>>ブログを書くことに疲れたら一旦休みましょう【解決策5つを提案】

 

まだまだ頑張りきれていないって人は、本記事の解決策を試しながらブログを書き続けてみましょう。

 

まとめ:ブログを書き続けてモチベーションを上げよう!

 

モチベーションのアップには、「内的動機づけ」と「外的動機づけ」が関わっています。

 

記事を書き続けることを実践し、SNSやオンラインサロンを活用していくことで、双方の動機づけをうまく活用しながらブログを継続することができるはずです。

 

自分が一生懸命に書いたブログは、

  • 数字が伸びる
  • ジャンルに詳しくなる
  • 読者から感謝される

上記3つのような効果をもたらすので、必然的にモチベーションアップに繋がります。

 

共にブログ運営を頑張っていきましょう。

今回は以上です。

 

【追記】ドメインパワーや検索順位が上がるのを経験するだけでもモチベが上がるのでおすすめです。

>>ドメインパワーを上げる具体的な方法とチェックできるツールを紹介!

>>【まとめ】SEO検索順位チェックツールRank Trackerの使い方〜設定まで