Blog

初心者に多い「ブログネタ切れ」を一瞬で解決する方法3ステップ

こんにちは、ほえるん(@Whalenlen)です。

 

ほえるん
ほえるん
ブログを書き続けているけど、ブログネタが思いつかない・・・どうやってネタを探したらいいんだろう?

 

▼本記事ではそんな悩みを解決します。

  • ブログネタがなくならない理由について
  • ブログネタを探しているけど、見つからない…
  • ブログネタ切れが起きないような対策を知りたい

 

ブログを書き続けていると、初心者の多くは「ブログに書くべきネタがなくなった」という経験します。

 

私も以前は思いつきで記事を書いていた時期もあり、ブログネタがなくなり悩んでおりました。

しかしある方法を知ってからは、「ブログネタがない」といった悩みを持つことがなくなりました。

 

本記事で最もお伝えしたいことは、「読者の視点」で記事のネタを書くことです。

 

そして読者の視点で記事を書くには、「検索エンジンの仕組みを」理解する必要があります。

検索エンジンの仕組みが理解できればネタ切れ問題を解決することができます。

 

ほえるん
ほえるん
それでは、最後までご覧ください!

 

「ブログネタがなくならない」その理由とは?

 

1番の理由は、ブログは自由に記事を書くことができるからです。

 

例えば「今日の朝ごはん」というタイトルでも記事が書けちゃいますよね?

 

ほえるん
ほえるん
見たいかどうかは別としてですが…

 

そもそもブログネタとは?

 

ブログネタ=「誰かに読んでもらうことを想定した記事ネタ」のことを指します。

 

つまり、「ブログネタ=読者の視点が必要」ということになります。

 

ほえるん
ほえるん
読者の視点で記事を書くってどうやってやるの?

 

上記疑問に対する回答は、「検索エンジンの仕組みを知ること」です。

 

検索エンジンの仕組みを理解しよう

 

検索エンジンとは、インターネットに存在する情報を検索する機能およびプログラムのこと。

出典:Wikipedia

 

Googleなどの検索エンジンは、「ユーザーの悩みを最も解決できる記事」を優先的に上位表示させる仕組みになっております。

 

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

出典:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)−Search Console ヘルプ

 

 

Googleのシステム上、「ユーザーの悩みを解決できる記事」のみ上位表示されるといっても過言ではありません。

 

つまり、ブログネタは検索エンジンから逆算して記事を書くことが、読者を想定した記事を書くこととイコールになります。

 

ブログのネタ切れを解決する方法3ステップ

 

前述したとおり、検索キーワードから逆算することで、ユーザーの悩みに寄り添った記事を書くことができ、ブログのネタ切れ問題が解決できることを説明しました。

  • キーワードを選定する
  • 選んだキーワードを細分化する
  • ユーザーの悩みを想定した記事を作る

 

本章では、大枠について解説しますが、詳細を知りたい方は下記事をご覧ください。

難しいSEOキーワード選定のやり方をブログ初心者へ向けて5ステップで解説検索順位を上げるためにキーワード選定していますか?ブログ初心者なら誰もが躓くSEOキーワード選定のやり方を4ステップで解説しました。また、無料で使えるツールやキーワード選定後の方法についても記述しております。SEOキーワード選定にお困りのあなたにとって役立つ記事なっておりますので、ぜひご一読ください。...

 

キーワードを選定する

 

まずは、ブログネタとなる「検索キーワード」を調査しましょう。

 

キーワード調査には、

の2つ(無料)を使いましょう。

 

キーワードプランナーは、「検索ボリューム」と「競合調査」が、

ラッコキーワードは、サジェストキーワードを網羅したキーワード調査が行えます。

 

双方のツールを利用し、検索ユーザーがどんなことに興味をもっているか?を具体化しましょう!

 

選んだキーワードを細分化する

 

キーワードを検索意図別に仕分けるなら、ラッコキーワードを使うことをおすすめします。

 

 

サジェストキーワードを調査後、Excelやスプレッドシートにて検索意図別に分けます。

 

 

上記のように、検索意図ごとに色を変えるとリライトする時にわかりやすいのでおすすめです。

 

ユーザーの悩みを想定した記事を作る

 

キーワードを選定して、細分化できたら早速記事の作成に入りましょう。

  • ユーザーが最も知りたいことは?
  • ユーザーがそのキーワードを調べた目的(検索意図)は?
  • ユーザーが目的を達成するために、その他にどんな情報が足りない?

 

上記3点を意識して書くと、検索意図を網羅した記事が完成します。

 

ブログのネタ切れを解決する方法3つ

 

先述したように、検索キーワードからブログ記事を作成していけば、ネタ切れになることはないと思います。

しかし、それでもネタ切れになった時の対策について紹介します。

  • 自分が書きたい記事ばかり書かない
  • インプットの量を増やす
  • 事前にキーワード選定と思考の整理をしよう

 

1つずつ解説します。

 

自分が書きたい記事ばかり書かない

 

あくまで、「ユーザーの悩み」を解決する記事を書きましょう。

 

自分が「書きやすいテーマ」だけで記事を作成してしまうと、どうしてもぶつ切り状態となり、ユーザーの悩みを網羅的に解決するまで至らないです。

 

ほえるん
ほえるん
過去の自分に向けてキーワード選定を行いながら書くのはOK!

 

インプットの量を増やす

 

基本的にその道の専門家(資格や博士号修了者)でない限りは、ユーザーの悩みを網羅的に解決することは難しいです。

 

そんな時は、自分の発信しているジャンルの本10冊を購入することをおすすめします。

 

10冊の本を読むことで、「おすすめ本10冊」や「◯◯に悩んだらこの書籍!」みたいなタイトルで、過去の自分を救うことが出来るからです。

 

ほえるん
ほえるん
インプットだけでなく、しっかりアウトプットもしましょう。

 

事前にキーワード選定と思考の整理をしよう

 

毎回「キーワード選定を行う→記事を書く」だと効率が悪いです。

 

そのため、ブログを始める前に「どんなジャンル」で「どんなキーワード」を狙うかをあらかじめ設定できると良いです。

 

まだ出来ていない人は、今からでもまとめるとブログネタに困らなくなりますよ。

 

思考の整理には、「Mind Meister」がおすすめです。

>>【マインドマップ】ブログ戦略を無料で整理できるツール《Mind Meister》

 

まとめ:ユーザーの悩みから逆算してブログネタを探そう!

 

本記事では、ブログのネタ切れになる要因〜解決法まで紹介しました。

 

今後あなたがブログを書き始めて、ネタ切れしないように下記に要約します。

 

ネタ切れ解決3ステップ
  • キーワード選定する
  • 選んだキーワードを細分化する
  • ユーザーの悩みを想定した記事を作る

 

ネタ切れ解決方法3つ
  • 自分が書きたい記事ばかり書かない
  • インプットの量を増やす
  • 事前にキーワード選定と思考の整理をしよう

 

書くことに困らなくなれば、ブログを書くことも楽しくなってくると思います。

もし、困っていることが「ブログのネタ切れ」じゃなくて、「モチベーションが上がらないこと」であれば、下記事を読んでみてください。

>>ブログを書き続けるモチベーションを上げる3つの方法【実体験あり】

 

また、ブログを書くことに疲れているのであれば、ブログを書くことに疲れたら一旦休みましょう。【解決策5つを提案】の記事をご覧ください。

 

今回は以上です!

 

ほえるん
ほえるん
共に頑張りましょ〜!!