Blog

【SEO初心者】ブログ記事をリライトする方法3ステップと注意点2つを紹介

こんにちは、ほえるん(@Whalenlen)です。

 

ブログを始めてみたけど、検索順位とアクセス(PV数)が上がらず記事の修正(以下リライト)を考える人は多いのではないでしょうか?

 

ほえるん疑問
ほえるん疑問
リライトのやり方ってどうやるの〜?

 

▼本記事はそんなあなたの悩みを解決します。

  • リライトの具体的な方法を知りたい
  • リライトのタイミングやコツを知りたい
  • リライトする際の注意点を知りたい

 

本記事を読むことで、リライトの具体的手順〜注意点まで網羅的に理解することができます。

 

時間のある時にぜひご覧ください♪

 

ブログ記事の「リライト」ってなに?

 

ブログ記事のリライトとは、過去に投稿した記事の文章や画像、図解イラストを見返して、読者が読みやすいように、添削する作業です。

 

①検索順位を上げる、②CVR(成約率)を上げる、③アクセス(PV数)を上げるといったSEO対策を行います。

 

ほえるん
ほえるん
リライトするタイミングっていつ?

 

リライトを考えるタイミングは「ブログがある程度完成して検索順位の結果を見てから」でOKです。

  • コンテンツ量を増やす
  • 読者の満足度を満たす
  • 具体的な期間の目安は2〜3ヶ月後

 

そもそも、コンテンツの量や質が担保されていないと、リライト前後で結果がどう変わったか判断できません。

 

効果的なブログ運用をするためにも、ブログ記事が20〜30記事ほど完成したらリライトを考えましょう。

 

ブログ記事をリライトする3つの目的

 

ほえるん
ほえるん
リライトする目的ってなに?

 

ブログ記事をリライトする3つの目的を紹介します!

 

  • 検索順位を上げるため
  • 誘導したい記事への遷移率を増やすため
  • 古くなった情報をアップデートするため

 

あなたが書きたい記事を書き続けても、読者の満足度は上がりません。

読者に目線を合わせた記事を書くことを意識しましょう。

 

では、ブログ記事をリライトする3つの目的について説明します。

 

Point1:検索エンジンで上位表示させる

 

ブログ記事をリライトする目的の1つ目は、自サイトの狙ったキーワードの検索順位を上げることです。

 

検索エンジンで上位表示されたら、多くのユーザーの目に留まり、アクセス数の向上が望めます。また、ブログ内でアフィリエイトや自サービスを紹介している人は、収益アップも見込めます。

 

検索エンジンで上位表示させるためには、SEO対策が必須となります。

 

  • キーワード選定
  • ドメインパワーを上げる
  • 検索順位の把握

 

上記3点について、別記事で詳細に書いていますので、是非ご覧ください。

 

▼難しいキーワード選定のやり方をブログ初心者へ向けて5ステップで解説

難しいSEOキーワード選定のやり方をブログ初心者へ向けて5ステップで解説検索順位を上げるためにキーワード選定していますか?ブログ初心者なら誰もが躓くSEOキーワード選定のやり方を4ステップで解説しました。また、無料で使えるツールやキーワード選定後の方法についても記述しております。SEOキーワード選定にお困りのあなたにとって役立つ記事なっておりますので、ぜひご一読ください。...

 

▼ドメインパワーを上げる具体的な方法とチェックできるツールを紹介!

ドメインパワーを上げる具体的な方法とチェックできるツールを紹介!「ドメインパワーが0から上がらない」といった質問が多く寄せられるので答えました。本記事では、ドメインパワーを計測できるツールやドメインパワーを上げる具体的な方法について解説しました。ドメインパワーが上がらなくて困っているあなた!一読の価値アリです。...

 

▼【まとめ】SEO検索順位チェックツールRank Trackerの使い方〜設定まで

【まとめ】SEO検索順位チェックツールRank Trackerの使い方〜設定までSEO検索順位を上げるために検索順位チェックツール「Rank Tracker」を導入していますか?本記事では、Rank Trackerの使い方〜設定方法まで具体的かつ詳細に記載しています。SEOで上位表示したい方は必見です。...

 

Point2:CVR(成約率)を上げる

 

ブログ記事をリライトする目的の2つ目は、ブログ運営で一番の目的としているCVR(成約率)を向上させるためです。

 

CVRを向上させるためには、遷移率と呼ばれている「読者が1ページから別ページへ移動した割合」の改善が必要になります。

 

ほえるん
ほえるん
読者が1記事だけ読んで離脱してしまうのは非常にもったいない!

 

内部リンクで記事同士をつないで、ブログ記事滞在時間とユーザビリティの向上が出来るように、リライトしましょう。

 

内部リンクをうまくつなぎ合わせるためには、サイト設計が大事です。

サイト設計する時は、思考整理ツールを活用することをおすすめします。

>>【マインドマップ】ブログ戦略を無料で整理できるツール«Mind Meister»

 

ほえるん
ほえるん
記事同士をうまくつなげて、滞在時間の向上を目指そう!

 

Point3:情報の鮮度を高く保つ

 

3つめは、古い情報を新しい情報にアップデートすることです。

インターネットの世界は刻一刻と過ぎており、情報は常に更新されております。

つまり、古い情報が読者に「混乱」や「間違った情報を与えてしまう」可能性があるため、定期的に見直しが必要となります!

 

ほえるん
ほえるん
上記がブログは完全な不労所得ではない、と言われる所以ですね!

 

間違った情報のままだとブログの信頼性に関わってきますので、読者のためにも、変化のあった情報は早めにアップデートしましょう。

 

ブログをリライトする前に意識すべきこと

 

【結論】読者ファーストを意識したコンテンツ作成を心がけてリライトすることです。

 

なぜ読者ファーストな記事が、検索エンジンに評価されるのか?

 

それは、Google公式「Googleの使命−Google」が言及しておりますのでご覧ください。

 

ブログ記事をリライトする方法【3ステップ】

 

本章では、実際にリライトを行う手順について紹介します。

 

記事数が増えるとすべてのリライトするのは難しいので、上位表示を狙える記事からリライトしていきましょう。

 

自サイトの検索順位を把握する

 

自サイトの記事の検索順位によって、リライトの方法が異なるので、まずは自サイトの検索順位を調査することが先決です。

 

検索順位を調査するツールとして、

 

  • 無料ツールを使用する方法
  • GoogleまたはYahoo!で検索する

 

上記2点あります。

 

検索順位を調査できる無料ツール

 

検索順位を調べるチェックツールとして、

2つあります。

 

SEOチェキ!

 

SEOチェキ!は基本無料で利用できます。

調査できるキーワードは3つだけなので少し手間がかかりますが、ブログ初心者の方はこちらを使って検索順位を調査しましょう。

 

Rank Tracker

 

一方、Rank Trackerも7日間無料で利用することができます。

多くのキーワードの検索順位チェックを行いたい方は、SEOチェキ!よりもRank Trackerをおすすめします。

 

▼利用方法は下記事を参考にどうぞ

【まとめ】SEO検索順位チェックツールRank Trackerの使い方〜設定までSEO検索順位を上げるために検索順位チェックツール「Rank Tracker」を導入していますか?本記事では、Rank Trackerの使い方〜設定方法まで具体的かつ詳細に記載しています。SEOで上位表示したい方は必見です。...

 

※無料版だと登録したSEOキーワードを保存することはできない/ユーザー登録が必要なので注意です。

 

実際にGoogleまたはYahoo!で検索する

 

もう一つの方法としては、GoogleまたはYahoo!で地道に検索して検索順位を数える方法です。

 

記事がインデックスされていれば、実際に検索結果画面に表示されます。

その順位を数えることで自身の記事の検索順位がわかります。

※クッキーの影響を受けてしまうため、ブラウザを「シークレットモード」で利用してください。

 

検索順位アップと情報をアップデートするためのリライト

 

検索順位アップと情報をアップデートする目的のリライトは、ブログの記事内容を追記/修正することです。

 

具体的なリライト方法

 

リライトの方法は記事の順位(1位〜50位)に応じて対応が変わります。

 

ほえるん
ほえるん
具体的に紹介しま〜す。

 

50位圏外の記事リライト

 

50位圏外は、リライトには不向きです。

なぜなら、0→1を生み出す作業は、リライトではできないからです。

 

ほえるん
ほえるん
50位圏外のキーワードで上位表示を目指すには?

 

回答は、新規記事+301リダイレクトをすることです。

 

ステップ①

同じターゲットキーワードに対して、新規記事(URLも新しくてOK!)を作成します。

 

ステップ②

301リダイレクト処理を行います。

301リダイレクトとは、SEOの評価を引き継いだまま、新規URLにリダイレクトできます。

301リダイレクトの詳細&やり方についてはこちらの記事をご覧ください。

 

21位〜50位の記事リライト

 

上位表示できる可能性があります。

 

  • タイトルとディスクリプションの変更
  • サジェストキーワードを追記する
  • 検索意図に沿ったコンテンツを加える

 

上記3点をリライトで改善しましょう。

 

タイトルとディスクリプションの変更

 

シンプルかつ効果的な対策です。

 

▼タイトルの変更ポイント

  • 30文字前後におさめる
  • キーワードは前半におく
  • 気になるタイトルづけ

 

キーワードは不自然にならないように、なるべく前半に設置しましょう。

 

ディスクリプションの変更ポイントは、下記3点です。

  • PC(120文字)、スマホ(50字)に設定する
  • キーワードを入れる
  • 記事を端的に要約する

 

文字数はPCとスマホの両方に対応した、100文字前後を目安にすると良いです!

 

6位〜21位の記事リライト

 

リライトのポイント3点あります。

  • 記事クリック率(CTR)の改善(10位以内)
  • 滞在時間を延長
  • 上位記事と比較、不足コンテンツを追記

 

CTR(Click Through Rate)の改善

 

Google サーチコンソールでチェックします。

 

ログインしたら、「検索パフォーマンス」→「検索決結果」で、自サイトのクリック率を調べることができます。

 

CTRの基準は、平均5.2%です。

 

CTRが低い記事は、タイトルとディスクリションを改善しましょう。

 

滞在時間を延長

 

記事の滞在時間の確認は、Googleアナリティクスで確認できます。

ログイン後、「行動」→「概要」から確認できます。

 

 

文字数ごとの滞在時間の目安は、①1,000文字:1分半、②2,000文字:3分、③3,000文字:4分半、です。

 

上記「文字数:時間」が、読み飛ばしも考慮した滞在時間の目安です。

 

滞在時間を延長させる方法は、検索意図を満たした記事を書き続けることです。

 

ほえるん
ほえるん
「結論ファースト」で記載することを意識しましょう。

 

上位記事と比較、不足コンテンツを追記

 

狙っている検索キーワードで上位表示されている競合サイトを調べましょう。

 

▼競合サイト調査については以下記事をご覧ください。

難しいSEOキーワード選定のやり方をブログ初心者へ向けて5ステップで解説検索順位を上げるためにキーワード選定していますか?ブログ初心者なら誰もが躓くSEOキーワード選定のやり方を4ステップで解説しました。また、無料で使えるツールやキーワード選定後の方法についても記述しております。SEOキーワード選定にお困りのあなたにとって役立つ記事なっておりますので、ぜひご一読ください。...

 

検索上位10位以内で、自サイトに不足しているコンテンツを追記しましょう。

 

5位以上の記事リライト

 

5位以上の記事は、コンテンツ内容の問題でない場合が多いです。

 

リライトで対応できないので、SEOの外部施策が必要になります。

  • 有効な被リンク
  • サイテーションを高める

上記2点を改善することで、5位よりも上位を目指す可能性が見えてきます。

 

有効な被リンクをもらう

 

被リンクとは、他サイトから、リンクを掲載してもらうことです。

  • 紹介してもらいやすい記事を書く
  • SNSで記事の存在を認知してもらう

 

SNSを運用することで、シェアや被リンクをもらうことができます。

 

下記はMind Meisterの記事を書いた際に公式アカウントが紹介してくれました。

 

海外のアカウントだけど、カタコトの英語で交渉したら、掲載してくれました!

 

ほえるん
ほえるん
失礼のないようにアクションすることが大事ですね!!

 

サイテーションを高める

 

論文や書籍の引用みたいな感じで、自サイトを引用してもらうことです。

検索意図を満たした内容や一次情報を提供できてくると、「ほえるんブログ」ってわかりやすかったと言及されることが多くなります。

 

ブログとSNSは同時に始めて、良識なコンテンを作りつつ、SNSで発信していくことをおすすめします。

 

ブログ記事リライトでCVR(成約率)を上げる

 

CVR(成約率)を向上させるためのリライトも、検索順位により方法は変化します。

 

CVR(成約率)改善するためにリライトすべき記事

 

CVR(成約率)を改善させるためのリライトも、現状アクセスを集めており、改善結果が判断できるものをリライト対象としましょう。

 

結論、1〜20位以内の記事は、CVR改善のためのリライト対象となりますが、21位〜50位の記事は対象にせず、検索順位アップを目標にしましょう。

 

上記のアクセスが集まっておらず、リライトしても結果がわからない記事は、検索順位を上げることを優先したほうがCVRの改善に繋がります。

 

リライトの方法

 

検索順位1位〜20位までの記事は、積極的にCVRの改善を行いましょう。

  • タイトルのクリック率
  • ユーザーの遷移率
  • サービスの申し込み数

 

具体的には、上記3点の改善を行います。

 

自分の書いた記事が検索順位で1位をとった場合、記事をいじることに恐れを感じるかと思います。

 

CVRのリライトの場合は、記事内容が大きく変わることはなく順位変動しにくいので、積極的に改善を目指しましょう。

 

記事の順位が下がれば、変更内容をもとに修復すれば順位も改善するので、変更点は必ず記録しておきましょう。

  • 最新の情報に更新する
  • 文章のテンポを意識する
  • ターゲットに合わせた言葉を使う
  • 記事内に画像を入れる
  • 関連記事のリンク(発リンク)を張る
  • クリックされやすいタイトルにする

 

上記内容について改善を行っていきましょう。

 

※リライトする時間がない場合は、リライトよりも検索順位を改善したほうがCVRは高くなります。

 

【必須】ブログ記事のリライト後に成果検証をする

 

ほえるん
ほえるん
「リライトしたからおわり〜」ではありません。

 

あくまで、リライトの目的を達成できたかまで確認しましょう。

 

検索順位のためのリライトであれば、検索順位がどう変わったかを確認します。

記事の遷移率を高めるためのリライトなら、それぞれのページのPV数やユーザーの滞在時間の変化を測定しチェックしましょう。

 

記事を改善しながら、各数値を記録し、リライトによる結果がどう変化したかを確認しましょう。

 

ブログ記事のリライト時に注意すべきこと2点

 

最後にリライト時の注意点を解説します。

 

目的のないリライト=ゴールのないマラソンと同じ

 

目的を明確にして、リライトしましょう。

  • 検索順位アップを狙う
  • CVR(成約率)の改善を狙う

 

上記について、リライト前後の数値を記録し変化を追うことを意識しましょう。

 

ちなみに、記事を書き始める段階で、キーワードを意識できないと厳しです。

 

難しいSEOキーワード選定のやり方をブログ初心者へ向けて5ステップで解説を読みながら、キーワード選定するコツを掴みましょう。

 

数回のリライトで上位表示を狙える可能性もある

 

リライトは1回のみで完結しません。

2,3回リライトすることで上位表示できる場合もあります。

  1. 記事公開
  2. 1ヶ月後、順位チェック
  3. 1回目のリライト
  4. 1ヶ月経過、順位チェック
  5. 2回めのリライト
  6. 1ヶ月経過、順位チェック

 

上記サイクルを、常に回転させ、上位表示を狙っていくようなイメージになります。

 

まとめ:リライトで上位表示&CVRを改善しよう!

 

本記事のまとめです。

 

  • ブログ記事をリライトする前に意識すること
  • 自サイトの検索順位を調査する
  • 検索順位アップと情報をアップデートするためのリライト
  • CVRを上げるためのリライト
  • リライト後にしっかり成果検証する

 

リライトは何も考えずに修正するのではなく、3つの目的「検索順位の向上」、「関連記事への誘導」、「情報のアップデート」を意識して改善しましょう。

 

しかし、リライト後の変化を追うために、自サイトの検索順位の把握は必須となります。

 

そんな時は、検索順位チェックツールの導入をおすすめします。

 

▼以下の記事を参考にご覧ください。

【まとめ】SEO検索順位チェックツールRank Trackerの使い方〜設定までSEO検索順位を上げるために検索順位チェックツール「Rank Tracker」を導入していますか?本記事では、Rank Trackerの使い方〜設定方法まで具体的かつ詳細に記載しています。SEOで上位表示したい方は必見です。...

 

今回は以上です。

 

>>【評判レビュー】ABCオンラインオンラインに入会した感想【会費の元を取る〜1万円稼ぐまで】